協議会について

  • HOME>
  • 協議会について

会長ご挨拶

会長 松永 守央

政府の「成長戦略」、「戦略市場創造プラン」において、予防サービスの充実等により、国民の医療・介護需要の増大をできる限り抑えつつ、より質の高い医療・介護を提供することにより、「国民の『健康寿命』が延伸する社会の構築」が掲げられております。

九州地域は、全国を上回る速度で人口減少・高齢化が進展する”課題先進地域”であり、「社会課題解決型産業」であるヘルスケア産業への潜在ニーズが高く、ロボット/機械・化学等ものづくり産業の集積と技術・ノウハウの蓄積があり、医療・介護サービス等との高い相乗効果が期待されます。また、多くの自治体においても住民の高齢化が進展する中、社会活力の維持、医療費負担の抑制、雇用機会の確保等の観点から、この問題には高い関心を寄せております。

こうした状況を踏まえ、「『健康寿命』が延伸する社会の構築」を実現するために、ヘルスケアに係る全てのステークホルダーを巻き込み連携していく場として、平成25年7月4日、「九州ヘルスケア産業推進協議会」を設立いたしました。

弊協議会では、健康寿命を支える医療機器の高度化、地域特性を踏まえた新たなサービスの発現に資する事業を通じて、医療・福祉機器関連産業及び医療・介護周辺サービス業の創出と集積、さらには積極的な海外展開を図り、ヘルスケア産業を環境、半導体、バイオ産業に次ぐ第4のクラスターとして育成し、九州地域をヘルスケア産業の先導的地域として発展させてまいりたいと考えております。

設立趣意

わが国だけでなく、世界全体が直面している健康・医療の社会的課題、これは今後、巨大なグローバル市場を形成するものである。

政府は、6月14日、「成長戦略」を閣議決定し、社会的課題をバネに新たな市場を創造する「戦略市場創造プラン」において、予防サービスの充実や質の高い医療・介護の提供等を通じた「国民の『健康寿命』が延伸する社会の構築」を掲げている。

九州地域は、わが国の中でも人口減少・高齢化が進展する「課題先進地域」であり、これらの諸課題を解決する「ヘルスケア産業」への潜在的ニーズが高い。また、ロボットや半導体産業等関連産業の集積があり、医療・介護サービス等との高い相乗効果が期待される。

特に、「東九州メディカルバレー構想」、「九州医療関連産業推進フォーラム」など、新市場に挑戦する地域企業のニーズに応える、積極的な取組が行われている。

こうした状況を踏まえ、九州地域において「『健康寿命』が延伸する社会の構築」を図るためには、地域を巻き込んで課題解決のための取組を推進する「地域・産業の健康化」と、これらの需要にビジネスの視点で応える「健康の産業化」に積極的に取り組んでいくことが重要である。

このため、関係機関が連携し、医療・福祉機器関連産業及び医療・介護周辺サービス業の創出と集積、さらには積極的な海外展開等に資する事業を行い、以てヘルスケア産業の先導的地域として発展していくことを目的として、新たに「九州ヘルスケア産業推進協議会」を設立するものである。

平成25年7月4日